モッピーくんで、遊びませんか?

  
  モッピー!お金がたまるポイントサイト


2016年11月01日

ビリケン(BILLIKEN)さんは、1908年に、どこの国の人が考えたの?

2代目通天閣60周年 てっぺんから撮影した360度画像 (時事通信より)

大阪市浪速区の通天閣(2代目)が28日で再建60周年を迎えた。

これを記念して同日、記念セレモニーが行われ、同日は通常700円の入場料が一律210(ツーテン)円となるなど、曇天模様を吹き飛ばすお祝いムードに包まれている。

THEPAGE大阪では、通天閣がどのように大阪を見守ってきたかを知るべく、特別に通天閣のてっぺん、避雷針部分で撮影を行った。

360度画像はTHE PAGE(https://thepage.jp/)にてご覧いただけます。

27日午後4時すぎ、青空が広がり、うろこ雲が浮かぶ下、取材班は通天閣観光の高井隆光副社長とともに、昨年12月にオープンした天望パラダイスに集合。はしごをつかって、天望パラダイス上部にある、光の天気予報ネオンの中へと入る。

狭く丸い空間の中央付近にはしごがあり、それを登ってハッチを開けると、一面に広がる大阪市内を眺めることができた。 


それでは、リンク問題です。

Q ビリケン(BILLIKEN)さんは、1908年に、どこの国の人が考えたの?

A アメリカの女流美術家
B イギリスの女流美術家
C オランダの女流美術家
D フランスの女流美術家




答えは、Aの『アメリカの女流美術家』です。

ビリケン(BILLIKEN)は、1908年(明治41年)アメリカの女流美術家 フローレンス・プリッツという女性アーティストが、夢で見たユニークな神様をモデルに制作したものと伝えられています。

トンガリ頭につりあがった目という、どこかしらユーモラスな姿は、たちまち「幸福のマスコット」「福の神」としてアメリカを始め世界中に大流行しました。

日本でも花柳界などで縁起物として愛されていました。


そうだったのですね。



posted by クイズ作成委員会 at 12:51 | 一般常識問題
4月のアクセスランキング!

【バックナンバー(雑学)より】
更新情報は、無料メルマガで!

更新情報を無料メルマガで配信しています。購読部数:500部です。



メルマガ購読・解除 ID: 92758
クイズ形式で一般常識、時事問題を学ぼう!
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ